2020【デザイナーの転職サイト一覧】作りました!大手企業デザイナー推薦!

日本・海外含めいくつかの大手企業でデザイナーとして勤務してきましたが、

今日は「どのサービスを使ったら転職がうまくいくの?」という疑問に答えられたらいいなと思います。

 

勢いがある、様々なサービスを比較して、どれがデザイナーにとって最適かまとめます。

 

まとめた経緯

デザイナーの転職は他の業界とはちょっと違うと思います。

全ての転職サイトをチェックしているとややこしくて疲れるな・・・と。

デザイン業界でチェックしておくべき転職サイトだけをまとめておきたいと思いました。

正直どこも一長一短でクセが強く、ナンバーワンを選ぶことはできませんでした。

ですので、特徴・口コミ・メリットとデメリットをわかりやすくまとめますね!

 

おすすめ1【マスメディアン

おすすめ度 

こんな人におすすめ  グラフィックデザイナー 広告業界 webデザイナー カメラ 映像 編集

広告系ならこのサイトが一番おすすめです。

「広告会議」運営で信頼できるというのも大きい理由です。

登録制のサービスですが、ホームページで事前に会社の概要をチェックできるのが便利なポイントです◎

【口コミ】

  • 一長一短!
  • 登録したらすぐ電話かかってきて来週面接することになった!
  • いろんなとこ紹介してもらえる。自分が見てなかった会社もあって面白い

【メリット】

  • マスコミ系の求人にかなり強い

【デメリット】

  • 登録するとすぐに会社の紹介や面談の打診があるので、決意が決まらないまま登録すると結構めんどくさいことになる。
  • 興味が無い会社の情報もバシバシ送られてくる。

 

おすすめ2【ビズリーチ】

おすすめ度 

こんな人におすすめ  プロダクトデザイナー 大企業 広告系大手 一般企業 

最近使う人が多くなったなという印象です。

特にプロダクト系の知人がほぼ100%使っているのがこのサイトです。

大手→大手の転職に特に強いサイトです◎

【口コミ】

  • 審査があって、条件クリアできないと利用できないらしい
  • 友達がビズリーチ転職して年収めっちゃ上げた
  • 子供がいるって書いたら一気にオファーが減った
  • 登録したら死ぬほどメール来てやる気失せた

【メリット】

  • たくさんの会社からオファーが来る
  • ハイクラス求人が多い

【デメリット】

  • とんでもないくらいメールが来る(3日で60件とか)
  • スペックが良い人でないと、合う会社を紹介してもらえない

 

おすすめ3【doda(デューダ)】

おすすめ度 

こんな人におすすめ  デザイナー全般 大企業 デザイン会社 全職種 

デザイナー募集だけでなく、その他の職種も探せる超大手サイトです。

個人的に、最初の転職では別の職種を経験するのがおすすめなのですが(後々の給与に差が出る)

色々な職種、企業から転職先を検討できる点が良いところです◎

【口コミ】

  • dodaは一番エージェントの専門分野はっきりしてて求人数も多いし、企業側とのコネも持ってるので良い
  • 登録したら即電話が来てめんどくさい
  • 性急!初回30社応募を提案される、サポートは3ヶ月のみ。担当さんにノルマがあるのかも?

【メリット】

  • いろんな条件に合う、手広い大手サイト
  • 件数が多い

【デメリット】

  • 電話の数が多い
  • トガった特長がない

 

おすすめ4【Linkedin(リンクトイン)】

おすすめ度 

こんな人におすすめ  全てのジャンルのデザイナー 大企業から中小デザイン会社まで

マイクロソフトの仕事マッチングSNSで、これから伸びて来そうなサービスです。

世界で使われていますが日本ではまだまだ知名度が低いです。

フェイスブックの仕事版のような感じです。

【口コミ】

  • 結構オファーが来ます
  • ロクでもない求人が多いです
  • 外資系・エンジニア系に特に強い
  • 海外からもオファーが来ました!
  • 見たくもない同級生の経歴まで見えてしまいげんなり

【メリット】

  • とりあえず登録しておける
  • オファーも受けられるし、自分から応募もできる

【デメリット】

  • 日本で利用している企業がまだ少ない
  • つながりのある他人に自分のプロフィールの一部が見える

 

おすすめ5【MIIDAS(ミイダス)】

おすすめ度 

こんな人におすすめ  全てのジャンルのデザイナー どちらかというと大企業への就職希望 自分に自信がない人に特におすすめ

アプリタイプで、他サイトより気軽に利用できます。

プロフィール登録すると、企業からオファーが来るタイプのサービス。

自分のプロフィールから、自分の市場価値が計算できるところが、エンタメ性があって面白いです

ポジティブな気持ちで転職活動が始められます。

【口コミ】

  • 市場価値が、今の年収の2倍で出ました!本当にそんな求人が来るか楽しみ
  • 出た市場価値は、ちょっと大げさ
  • 実際の求人は、市場価値より低いものが多いけれど、いくつか価値通りの求人が来てます
  • 楽しい

【メリット】

  • 自己肯定感が低い人でも自信がつく

【デメリット】

  • 他サービスより手軽な分、自分でやらなければいけないことが多い。給与交渉や入社日調整などは自分でやらなければならない
  • オファータイプなので、自分から企業に応募できるわけではない

 

まとめ

というわけで、デザイン業界で使えそうなサービスをピックアップして紹介してみました。

 

特に評判が良い(批判が少ない)と感じるのはミイダスですかね。満足度だとマスメディアンという印象。マスメディアンはやはり広告デザイン業界の人は多く使っていますね。

安定しているのがdoda、

かなりトガっていて人を選びそうなのがビズリーチです。ここは基本、高学歴で大企業勤めのデザイナー向きかもしれません。

リンクトインはかなり注目のサービスですが、デザイン系求人にはまだ弱いかな〜?という印象です。

 

転職って、かなりの勇気と勢いが必要ですよね^^;

私もそうなのですが、勢いで登録してしまった方がうまくいきます!!

人間辛くても安定した方を選びがちです。勢いなしには転職なんてできませんよ!慎重に・・とか考えてると40代50代になっちゃいます。

ダメ元でも、試すつもりで登録してみてはいかがでしょうか?今とは違う経験ができます。

 

転職先をチェックするばかりで実際何もしない。。。なんて人になっていませんか?

それって無駄です。

転職はとりあえず行動!あとは身をまかせる!が基本です。

 

あなたの転職活動がうまくいくことを願っております!

それではまた!

carbon

フランス企業のインハウスデザイナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。