簡単に採用されるポートフォリオの作り方!意識すべきたった一つの事

ポートフォリオ作成って初めは難しいですよね。でもたった一つの事を意識すれば簡単に採用されるポートフォリオが作れるかもしれません。

今日はそんなお話です。

 

私は現在デザイナーとして企業の採用活動のお手伝いをしています。そして感じるのは

「9割の人は間違ったポートフォリオの作り方をしている」

ということです。

 

いくら頑張っても間違った方法で作っていたら絶対に採用されません。

沢山のポートフォリオの中に埋没してしまいとても勿体ないです。

 

こんな作り方は間違いかも

  • 自分をアピールする為だけに作る
  • 頑張って綺麗にみせるだけ
  • 先輩のアドバイス通りにつくる
  • Webで見つけた作成方法通りにつくる
  • 目立てばいいと思っている
  • ポートフォリオを作るのに時間がかかると思っている
  • 同じポートフォリオを数社に応募しようと考えている
  • ポートフォリオは必ず作らないといけないと思っている

 

このような事を意識してポートフォリオを作成している方が多いのではないでしょうか?

あなたはどうでしょうか?

結構当てはまってしまっていますか?

 

では、解決策を考えていきましょう!

 

何のためにポートフォリオを作るのか考えよう

採用選考をしていると感じるのは、

「応募してくる人のポートフォリオがみんな同じに見える」

ということです。

 

友達と作りが似てしまっていませんか?

そうだという人は….

もう一度レイアウトを考えて見てください!

 

デザイナーの最も大切な仕事とは?

デザイナーの一番の仕事は「新しいフォーマット」を作る事です。

 

ちょっと絵が上手く描けたり、それっぽいビジュアルを作れる学生がいると、「あいつはデザインセンスがあって凄い!」とか思うかもしれないですね。

だけど「センスがある」より「他の人と違った視点で考える事」ができる人の方が重宝されます。

 

カッコいい!とか綺麗!

…..そんな風に思えるアウトプットをできる人材は実はもう飽和状態。

毎年海外のデザイナーから企業に直接、数千冊のポートフォリオが届くような時代なのです。

 

同じフォーマットを使って上手くいくのはスキルのある上位一割だけ。

それ以外の9割の人は違うところで勝負しましょう!

 

だからもう周りの人と同じフォーマットを使うのやめませんか?

 

ネットで「ポートフォリオ フォーマット」で検索して出てくるサンプルを参考にしても良いですが、少なくとも自分オリジナルの工夫をしましょう!そして自分の可能性を広げましょう。

 

意識すべきたった一つの事

それは「人は何をすれば喜んでくれるのか?」を徹底的に考える事。

人を喜ばせる事を真摯に考えてみて下さい。

  • 読みやすいか?
  • ページをめくりやすいか?
  • 次のページが読みたいと思えるか?

そんな単純なことも大事です。

 

そして作品以外で喜ばせられる工夫も是非しましょう!

(作品以外でってところがミソです)

これは人それぞれですね。

気に入ってもらえる工夫です!

人柄が出ます。

 

良いポートフォリオのチェックポイント

1.応募先の企業が好みそうな雰囲気になっているか? 

(違う企業にも同じモノを送っているな。と思われない様にする)

 

2.友達のモノと意識的に差別化した箇所をしっかり説明できるか?

(実際に友達に上手く納得させる説明できるか試してみましょう)

 

3.作品だけでなくポートフォリオ自体に工夫がされているか?

(素材や表紙、色、形、などなど創造性をアピールする部分は多々ある)

 

4.「一緒に働いてみたいな」と思って貰えそうな『爽やかさ』はあるか?

(自分の写真含め、暗い雰囲気になるのは余り好ましくない)

 

業界別のポートフォリオのポイント

冒頭で、「友達とポートフォリオが似ているのでは?」という話をしましたが、実はポートフォリオのデザインの流行は業界ごとにだいぶ違っています。

自分なりに個性があるデザインにしたと思っても、実は全体から見るとかなり似通っているのです。

プロダクトデザインの採用係はプロダクトデザイン業界ならではのポートフォリオを見慣れてしまうので、「全部同じに見える」のですね。

「差別化」と「何が相手にとって喜ばれるか?」を考える上で、業界別に陥りがちなデザイン思考を把握しておきましょう!これは絶対役に立ちます!

 

グラフィックデザイナー

  • レイアウト・フォント・写真の撮り方にはとてもこだわる。
  • 理論が抜けがち。
  • デザインとともにそこに至る思考を論理的にわかりやすく見せると良い。

 

プロダクトデザイナー

  • 綺麗でプロっぽいスケッチやモックアップを沢山掲載すればいいと思ってしまう。
  • いいスケッチはもはや当たり前。応募者全員、綺麗でプロっぽいポートフォリオが上がってくるので差別化にならない。
  • レイアウト・フォントに気をつけると少し差別化できる
  • 会ってみたいと思われるような、情熱・人柄・面白く個性的な尖ったものをポートフォリオで感じさせなければ、落ちる

 

イラストレーター

  • とにかく絵で勝負しようとする。
  • 趣味全開の絵だけでアピールしてしまう。
  • オーダーに答えられる柔軟性があるかアピールし忘れる。
  • 幅広い絵が描ける事や理論を入れなければ落ちる。(アップ・引き・俯瞰・植物・機械・鉛筆画などのオーダーにも答えられる事を示す)

 

フォトグラファー

  • 綺麗でおしゃれな写真で勝負しようとする
  • 採用者が興味を持ってくれるようなブレない趣味や個性を見せるべき。
  • 写真の歴史や各年代の流行をしっかり学び、自分の写真を説明する
  • さりげなく、体力があるというアピールができると良い。

 

おまけ:【オンラインポートフォリオサイト】活用法

「製本ポートフォリオ」をつくる前に「オンラインポートフォリオ」をつくる事。(もうすでに自分のサイトを持っている方はごめんなさい)意外と簡単で短時間につくれてしまいます。

紙より先にweb上で作った方が効率がよくておすすめです。

  • 30分くらいでできる
  • 試行錯誤できる
  • カッコいいサイトができるとモチベーションが上がる
  • 客観的に自分の作品を見られる
  • 急に必要になっても大丈夫

 

無料でおすすめのポートフォリオサイト

Portfoliobox

公式ホームページ:ユニークなポートフォリオを創ろう

一度自分の作品写真を一覧にして見てみるとわかりやすくなります。一つ一つの写真に説明を加えていくと、製本の為にレイアウトする際に取り出しやすく簡単になりますよ。

こちらのサイトは「ブランディング」「パッケージ」などカテゴリー分けもしておけるので便利です。こちらはパソコンでの作業が必要です。

carbon

フランス企業のインハウスデザイナー