【パッケージデザイン会社】大手といえばココ!有名どころ15選!!

パッケージデザインで有名な会社はどこ?有名どころをまとめました。
このページの筆者はパッケージデザイナーですが、自分の会社に関係なく客観的に、大手メーカーのデザインを多く手がける会社を書き出しておきます。

インハウスとデザイン事務所、それぞれの違いも考えていきましょう。

インハウス

  • 資生堂
  • サントリー
  • ポーラ
  • 花王
  • アルビオン

資生堂はその歴史から、時代を作るデザインを多く手がけてきました。入社できるのは一握りの精鋭達で、パッケージのほか広告や、銀座にある資生堂ギャラリーのシーズンディスプレイまで様々なものに及びます。その一つ一つが芸術性が高く高クオリティです。

サントリーは飲料のパッケージデザインでとても評価が高い会社です。伊右衛門やBOSS、山崎など…印象に残るデザインが多く、いくつものデザイン賞を取っています。

ポーラはシンプルで美しい自社パッケージデザインをしている会社です。グラフィックデザインも素晴らしいですが、パッケージの形状や素材(プロダクトデザイン)も優れています。

花王は生活に密着したフレンドリーなパッケージを手がけています。他三社と違い、内部のデザイナーだけでなく外部のデザイン事務所に外注することも多いです。

アルビオンは美しい自社パッケージのデザインを手がけています。洗練され統一感のあるブランドを作り上げています。

 

大手パッケージデザイン事務所

  • ブラビスインターナショナル
  • ヘルベチカ
  • GKグラフィックス
  • バウス
  • 川路ヨウセイデザインオフィス
  • エイトブランディングデザイン
  • デザインメイト

それぞれ多くの大手メーカーデザインを手がけ評価されている会社です。

仕事のほとんどはパッケージで、広告などはあまり手がけていません。

規模はだいたい社員数10〜40人ほどの少数精鋭です。

パッケージといえば食品のカテゴリーが多いのですが、これらの会社は文房具や電気製品など幅広いカテゴリーのデザインをしていることが多いです。

 

広告会社のパッケージ部門

広告のデザイン事務所だけれど、パッケージも手がけている会社を紹介しておきます。

  • 日本デザインセンター
  • DRAFT
  • アドクリエーター

これらの会社の最も主力のデザインは広告やブランディングなのですが、パッケージも手がけています。

入社したら広告などにも関わることになります。パッケージを多く手がけたいのであれば先に挙げたデザイン事務所を選んだ方がいいでしょう。

 

メリット

インハウスは一つのブランドを大事に育てていけるというメリットがあります。自社のブランドを深く理解してデザインするという技術を持つことになります。クライアントがいないぶん無理な要求や修正をされません。デザインは芸術性が求められることが多いです。大企業なので福利厚生がしっかりしています。

大手パッケージデザイン事務所は複数のメーカーのデザインに関わることができます。ジャンルも食品、電気製品、ギフト品など様々です。デザイナーとして入社したら、一つのデザインを最初から最後まで一人で手がけることができます。

広告会社のパッケージ部門は規模の大きいブランド作りができます。その中で広告もパッケージも一括でディレクションする人、コピーを考える人、パッケージやロゴなど…分業して一部分のみ関わることになります。

 

デメリット

インハウスは募集人数が少ないので、入社するのが最も難しいです。自社デザインだけ手がけることになるので、将来独立して自分のデザイン事務所を立ち上げたい場合には狭い範囲のデザインしか経験がなくマイナスになるかもしれません。

大手パッケージデザイン事務所は社員一人ひとりの実力が高く、転職や独立がしやすい面があります。ただ、福利厚生がしっかりしておらず、残業代が全く支払われない会社もあります。女性が子供を育てながら働く…といった勤め方に対応していないところも多いです。

広告会社のパッケージ部門はパッケージデザインだけに興味がある人にとっては向きません。パッケージデザインのスペシャリストになりたいなら他の会社を選んだ方がいいと思います。

 

その他の会社

上にあげた15社だけでなく、パッケージを手がける会社はまだまだたくさんあります。100近くあると思います。とにかく挙げきれません。

そして実は、パッケージデザイン会社は大手よりも、規模の小さい会社の方が実力もあって自由度が高い…なんてこともあります。全てではないですが。

また、「普遍的だけど、売れるデザイン!」または「斬新でデザイン賞は獲ったけど、売れない!」というデザインに別れたりします。

自分の関わりたいデザインがどういったデザインなのか、HPやデザイン年鑑をチェックしておきましょう。

 

デザイン年鑑が便利

デザイン年鑑は「年鑑日本のパッケージデザイン」と「PACKAGE DESIGN INDEX 」の2つがあります。

  • PACKAGE DESIGN INDEX…..毎年発行。デザイン会社ごとに作品がまとめられている
  • 年鑑日本のパッケージデザイン…..毎年発行。金賞、銀賞など入賞したデザインのみまとめられている

どちらも辞書くらい分厚いです。そして高いです。…が、これを持っていると入社や転職を考えているなら選ぶ会社が格段に変わってきます。HPだけではわからない会社の雰囲気もわかります。

年鑑日本のパッケージデザイン2019

毎年発行。金賞、銀賞など入賞したデザインのみまとめられている

 

PACKAGE DESIGN INDEX 2018

毎年発行。デザイン会社ごとに作品がまとめられている

 

それにしても会社探しが大変ですね。パッケージデザインは必ずしも大手がいいとは限らない上、3〜10人規模の有名会社も実はかなりあります

規模ではなく、気に入ったデザインをしているところを探した方がいいと思います。

 

探す時間の節約なら、オファー型の就活サイトに登録しておくのがおすすめです。

学生のプロフィールを元に、会社側からオファーを出すタイプで、便利なのでこれから増えていきそうだなと思っています。

  • エントリー型の就活サイト→自分で会社を見つける
  • オファー(スカウト)型→自分のプロフィールに合わせて企業がオファーをくれる

楽ですし、チャンスが多くなります。

デザイン会社に入るのは競争率も高いので、念のために他の会社も考えておいた方がいいと思います。

一番おすすめのサイトはこちら。

OfferBox

2020年卒と2021年卒の学生対象です。

登録企業数5000社越えで、大手企業も参加しています。

すでに学生の4人に一人登録が登録しているそうですね。まだの方はぜひ。使えます。

すでにそしてオファーされるのって楽しいですよ。

転職で探す方はこちらの過去記事に時短のコツをまとめたので参考にどうぞ。

2019年【デザイナー転職】重要情報まとめ 時短で探す手段も!

Designer voice

パッケージは世に残るものなのでデザインがとても楽しいです。コンビニやスーパーに自分のデザインがいくつも並ぶこともあります。ただ、商品棚の競争が激しいせいで、常に新しいパッケージで再発売しないといけないんです。長く残るデザインがやりたいんですが…

 

EL

「デザイン業界の歩き方」運営の一人。フランス住→帰国して1年 フリーランスデザイナー。特技はフランス語だけど、英語が全然できないポンコツ。でもこんど住むならロンドンがいいなと思ってる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。