【2021デザイナー新卒採用】電通ADK博報堂から大手デザイン事務所まで!

2021年卒業学生向けの、企業の募集状況を一覧表にしました。

募集開始はいつ?有名なデザイン事務所といえばどこ?…などを調べて表にしてみました。

公式ページのリンクを収集してみたので時短にうまく利用してください。

スケジュールは2020年卒のスケジュールを元にした予想です。ずれることもあります。

 

大手広告会社

博報堂 電通 ADK
3年生夏にインターンシップ有、3月エントリー開始 3月エントリー開始 3年生1月に就活イベント開始
新卒採用ページ 新卒採用ページ 新卒採用ページ
東北新社 サイバーエージェント オプト
3月〜4月エントリー開始 2年生2月〜3年生11月インターンシップ有、11月〜3月末にエントリー 3年生夏インターンシップ有、3月頃エントリー開始
新卒採用ページ 新卒採用ページ 新卒採用ページ
DAConsortium 大広 ジェイアール東日本企画
3年生10月頃にインターンシップ有、2月エントリー開始 インターン募集11月頃・1月頃開催、3月エントリー開始 3年生夏・秋にインターンシップ、エントリー3〜4月
新卒採用ページ 新卒採用ページ 新卒採用ページ

 

大手メーカー

トヨタ 日産 ホンダ
3年生10月頃にインターンシップ有、2月頃エントリー開始 3年7月〜10月頃インターンシップ有。2月頃エントリー開始 インターンシップデザイン系実施は不明、エントリー3月頃
新卒採用ページ 新卒採用ページ 新卒採用ページ
資生堂 サントリー 花王
3月頃エントリー開始 3月頃エントリー開始 3月エントリー開始
新卒採用ページ 新卒採用ページ 新卒採用ページ

 

大手デザイン事務所

日本デザインセンター ブラビスインターナショナル DRAFT
3月エントリー開始 5月頃エントリー開始 3月エントリー開始
新卒採用ページ 新卒採用ページ 新卒採用ページ

 

 

2021年の募集の特徴

どれくらいの確率で受かる?

現在の状況を見る限りでは、前年に比べ同程度の求人数が期待できると思われます。

大企業の募集人数は同程度だとしても倍率が高く少数です。

例えば、電通の2019年採用者数は145名です。応募者数は4000人と言われているので採用される確率は3.6%です。とんでもない数字ですね。

絞り込みすぎず、多くの企業とコミュニケーションをとっておくようにしましょう。

大手に落ちるのは当たり前です。大手に落ちてから他の会社を受けるのは遅すぎるので、同時に動いておきましょう。

どんな採用方法?

デザインといっても、企画部などでに希望であれば 【エントリー→筆記→面接】 という、一般企業と同じ流れで受験できます。

クリエイティブ部門(かなりの狭き門ですが)を希望であれば選考方法は一概にこうとは言えません。ただ、ポートフォリオは必須ですので、希望する会社に合った作品を用意しておくようにしましょう。

例えば、日産自動車では 【いきなり課題作品の提出→数日かけて社屋での実践】 という流れになっています。(今年もそうとは限りません)

同じく課題作品を提示される会社が多いので時間がかかることを覚悟しておきましょう。

インターンは必須?

デザイン業界では、今年もインターンが積極的に活用される見込みです。書類→面接→最終選考という流れよりも、実際に学生と会話して決めたいというのが会社側の思惑のようですね。インターン募集は企業によりますが3年生の春〜秋、数回実施される場合が多くなっています。

もしインターンを「うっかりしていた、間に合わなかった!」となっても大丈夫です。諦めず就活してみましょう。インターンが全てではありません。

私は大手のインターンを受けましたが落ちました(笑)また、インターンなしで受かった人もいます。

募集はどこでかかる?

ホームページでのみ募集をかける会社は大手企業を確認した限りありません。必ずマイナビやリクナビで同時に募集をかけます。説明会やエントリーが始まったら通知が届くように設定しておきましょう。

中小規模のデザイン事務所は実績があってもホームページのみで募集をかける会社が多いです。4年生の秋頃に募集が開始される傾向にあります。

 

企業の合同説明会には参加すべき?

デザイン業界の就活市場にとって、「就活イベント」や「EXP」は役に立ちません。参加しなくても良いでしょう。

 

新卒就活でよく募集がかけられている重要サイト

博報堂、トヨタ、電通など…ほぼ全ての会社は大手就活サイトで募集しているので、ホームページだけでなくそちらに登録しておくとエントリー時期を忘れにくいです。

みんなご存知のサイトですが、ではどのサイトがよく使われているのか?

順にまとめました。

1.マイナビ

2.リクナビ

両方のサイトを利用している企業もありますし、片方という会社もあります。リクナビは内定情報を無断で使ったビジネスにより今は不信感がありますが、昨年までの利用状況では登録しておいた方が良さそうです。両方登録するのが正解だと思います。

 

3.マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sは第二新卒専用のサイトです。卒業してから1〜3年経っている場合はこちらが最も活用すべき就活サイトになります。

まあこれから就活に挑む人にとってはなるべく活用したくないかもしれませんね。頭の片隅に入れておきましょう。今年は売り手市場ですし新卒でうまくいかなくても受け皿がたくさんあるということです。一度入社してすぐ辞めた人でも利用できます。

 

最近の就活サイト

就活生にとって売り手市場の今、新しいサービスが登場し、マイナビやリクナビに匹敵するような大きなサイトになっているのチェックしておくべきだと思います。

学生の4人に一人がすでに登録しているようなので企業側も無視できないサービスになっています

4.OfferBox

その中で大手なのがOfferBoxです。登録しておくと企業側からオファーが送られてくるタイプの就活サイトです。オファーが来ると自信がつきますし積極的に利用しましょう。ただし、大手以外の受験企業をすでに絞っているなら煩わしくなるので登録はやめておいた方がいいです。

 

5.MIIDAS(ミイダス)

ミイダスは唯一のアプリタイプです。使いやすいので時間節約になるほか、自分のプロフィールから市場価値を計算できるのが強みです。

 

EL

「デザイン業界の歩き方」運営の一人。フランス住→帰国して1年 フリーランスデザイナー。特技はフランス語だけど、英語が全然できないポンコツ。でもこんど住むならロンドンがいいなと思ってる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。