デザイン会社がブラックだった|対策を考えてみた

入社したデザイン事務所はブラックでした…

さらに、同級生が入社した会社もブラックでした。

どんな会社だったのか

  • 残業代は一切支払われない
  • 徹夜が当たり前
  • 有給が実質取れない
  • 社内にカンヅメにして外部との繋がりを断ち切り、転職や独立を阻止する
  • 給与明細には基本給が知らされていたより5万円低く記載されており、残り5万円が残業代として記載されている

 

尊敬されない職種だった

最も不満だったのは、大量の仕事を少なくする工夫が全くされておらず、デザイナーの給料が「定額使い放題」になっているのをいいことに無駄な作業をどんどん増やされていくことでした。

もちろん尊敬なんてされないし、とにかく作業が終わらないのは「お前のせい」

業務の工夫を提案すれば「甘えてる、やめてもらう」と言われ続けました。

そんな状況だから、仕事内容は常にこんな感じです。

  • 実質約24時間かかる作業の仕事を、営業が5000円で受けてくる(もう笑えますね!)
  • フードコーディネーターを雇うお金をケチって、デザイナーにやらせる。(土日に自腹で練習しなければならなかった)しかも女性デザイナーにばかりやらせる
  • ただでさえ忙しいのに、社内清掃もデザイナーにやらせる。
  • 倒れる・流産する・手が動かなくなるなど体調不良のデザイナーが多発。改善はなし。

 

本当に私が悪いのか?試してみた

さて、ここまで読んで「お前が無能だからだろ?」と思う方もいるのでしょうね。

…というわけで下克上してみました!!

入社4年目、

不景気で後輩が一人も入ってこず自分と同期たちがずっと下っ端仕事をさせられ続けていました。

下っ端仕事は完璧にこなしつつ社内コンペで連戦 連続 ほぼ勝利

土日は気が狂いそうなほど勉強し、平日は丸々1週間泊まりでお風呂にも入らず仕事。

眠くならないよう食事もたまにしか摂りませんでした。

で、

その年、全部で20人ほどいるデザイナーの、売り上げランキングで3位に入りました。

1位は40代の社内トップ男性デザイナーで、すでに最大手の仕事を持っていて数字があるんです。

2位は1位のデザイナーのお気に入りの部下で、この方も大手の数字のいい仕事を持っているんです。

3位の私は、ほぼお金にならない下っ端仕事に、中小クライアントの正直報酬が低い仕事をたくさん担当。さらに最大手のクライアントも社内コンペでかっさらって登りました。

 

なかなか凄いことをしたと思うんですよ。

私の仕事ぶりを見ていた直属の上司以外、私に期待をしていた人はほとんどいませんでした!

悲しいですけど!

一気に社内で一目置かれる人気デザイナーになったので、仕事がさらに任されて精神も生活も病みました。

で、給与査定!

もともと底辺に設定されていた私の給料、どれだけ上がるの?ワクワク….

結果:月に3万の基本給アップ

低すぎでびっくりです笑。なんせ、月に3万上がったとしても、全然仕事しない先輩たちの給料よりまだまだ低かったんですよ。

もう大泣きしました。

もう先輩たちと社内コンペで競って勝っても、仕事のし損ですよね。やらなくても高い給与もらえるから。

  • 「給料が低いのは無能だから」だと言うけれど、実力を示しても若者の給料を上げない
  • とにかく古株が違法なほど優遇される。月に10万円以上交通費支給されていたりする。
  • 相変わらず下っ端の新人扱いされる

まあひどすぎるので、もういい加減やめることにしました。

 

辞めないよう説得される

辞めると言ったら上司と役員たちで一斉に「辞めないで!もったいないよ!」とか言われ続けて結局あと1年勤めてしまいました。

自分が大切にされていると錯覚したんです。

でも結局は、安い給料で一生懸命働く便利な労働力が欲しかっただけですよね。

 

あとで気づいたこと

  • 不景気だったし、入社数年で辞める人を「無能」扱いする社会風潮だったので、辞めたら負けだと思っていた
  • 私が頑張ると、この最悪な経営者を安定して肥やし続けるだけで自分に利益は無い
  • 独立しようとすると脅される。「圧力をかけて潰す」と言われたりする
  • ひどい状況でも誰も助けてくれない

 

私はその後海外で数年生活する機会を得たのですが、外国の価値観の中で気づいたのは

  • 日本の経営者が外国のレベルに比べ無能すぎる
  • 労働者が、不当な扱いを受けても会社でもがき続けるので利用しやすい
  • 抵抗とボイコットをしなければ永遠に何も変わらない

 

全部の会社がそうなのか?

他のデザイナーたちの話を聞く限りデザイン事務所では概ねこう言う状況はあるようです。

給与には差があると思うのですが、多くの会社が意外なことにデザイナーが尊敬されず地位が低いです。

ただ、

  • 社長が若く規模が小さいデザイン事務所
  • 超大手の広告代理店だと

だと、残業代がきちんと支払われたり、デザイナーの地位が確立されていたりします。

歴史がある中小規模の会社は危ないかもしれません

 

どうやって会社を選ぶべき?

個人的には、バブル以前に設立された中小規模の会社は怪しいな…と思います。

プライドが高く改善を提案しても頑なに取り合いません。

「他の会社もやってるし!」と言う典型的なダメ回答が聞きたいならどうぞ。

きちんと監査を受けている大企業か、新しい会社の方がブラックは少ないです。

 

自分の会社がブラックだけどどうすればいい?

今すぐ辞めていいです。

辞めるのは負けでも無能でもありません。

その会社で続けることは、ひどい経営者をひたすら喜ばせるだけの行為です。

 

法律上の手続きを調べてみた

  • 残業代の請求をする場合、2年まで遡れるがそれより前は時効になってしまう。今改正がされるところで、早ければ2020年には2年→5年に引き上げられる予定
  • 残業代請求は1日8時間以上、週40時間以上働いていたらできる
  • 残業代の証拠を確保する!タイムカードのコピーなど。
  • 有給は取る権利がある。取れていないなら、辞める直前に有給を全消費してそのまま辞められる。
  • 弁護士に相談するなら、労働弁護士にお願いする。

 

いいなと思う相談所

なるべくこの作業に慣れた専門家にぱっぱと済ませてしまいたいし、社内でもめるストレスにもう耐えられませんよね….。

かなり条件に一致するなと思うサービスがこれです↓

汐留パートナーズの退職代行サービス

残業代請求の弁護士報酬が、相手から支払ってもらえた額の20%なので、頼んでしまった方が得ですよね。

LINEでの無料相談があります↓

まずはLINEで無料相談

私が試したかと言うと…していません。

私は何も知りませんでした。疲れ切っていたし、無知でした。

ひどい経営者にすっかり絞られてしまいました。

努力はしたけど賢くなかったんです。

ですので、今いる会社がブラックだと言う方、勇気を出してくださいね。

私のように後悔することがありませんように!

それでは!

Designer voice

デザインの仕事が楽しくて仕方なかったのですが、2社目でアートディレクター採用された時に、デザイナーを使う側になって、営業が持ってくるひどい修正案件を指示してやってもらうのがとても辛くなってしまいました。結局別業務へ転職しましたが、デザイナーが酷く扱われても、まだ替えがいると思われて改善されません。最近のクラウドサイトでも、かなり安値で仕事が取引されたりして悲しくなります。

designnoie

「デザイン業界の歩き方」運営の一人。フランス住→帰国して1年 フリーランスデザイナー。特技はフランス語だけど、英語が全然できないポンコツ。でもこんど住むならロンドンがいいなと思ってる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。