デザイナー。独立して、個人で、在宅で稼ぎたい人へ警告

最近、「今の会社から独立して、個人で、在宅で稼ぎたい」と考えるデザイナーさんが多くなってきたように思います。私は今フリーランスで在宅ワーカーですが、安易な考えには警告をしておきたいので、少し書いておきたいと思います。

 

現在デザイン会社の仕事は、薄利多売状態

あなたは小さなデザイン事務所所属でしょうか?それとも名の知れた大企業のインハウスデザイナーでしょうか?

もし前者であれば、薄々感じているかも知れませんね。デザイン会社の仕事は今薄利多売状態です。

クラウドワークスやココナラなど、誰でも簡単に参加できるクラウドソーシングサービスの登場や、兼ねてからあったデザイナー志望者のキャパオーバーにより、仕事単価がどんどん安くなっている状態です。

仕事単価が安いのでたくさん仕事をしてもそれほど給与が上がらない。という経験を今している人も多いと思います。インハウスデザイナーさんはあまり気づかないかもしれません。

 

在宅でもできる「デザイナー」という職業!早速独立して在宅ワークするぞ!と思っているならちょっと甘い

もしあなたが、今の会社を辞めたい、独立したいと考えているならば、それは正しいことです。この業界において、その考えは持たなくてはならない志だと思います!逆に「会社で頑張ればいつか認めてもらえる」と考えている場合はかなり損をするでしょう。

しかし完全在宅ワークができると期待して独立してしまうと、うまくいかなくなって生計が立てられない可能性が高いのでちょっと注意してください。

私は独立して仕事をした経験がありますが、

独立して「個人で」「在宅で」「稼ぎたい」という考えが、自分でやってみた感じではほぼ叶わない。

という結論に至りました。

 

クラウドワークスの欠点

クラウドワークスはご存知ですか?ネット上で仕事の依頼と受注をするクラウドソーシングサービスですね。これからチャレンジしてみようかな、と思っている方も多いのではないでしょうか?

私は独立してまず、クラウドワークスとランサーズに登録し、いくつかの仕事を受注しました。

詳しくはこちらの記事

デザイナーがクラウドワークスに挑戦。がっかりして辞めた話

で語った通りですが、

結論:クラウドワークス(およびランサーズ)は新しい働き方と称してはいるものの、その実大変古臭く非効率な働き方が推奨されていて、地獄。すでに報酬の時給換算は最低価格を下回っている状態で、次世代の「ハケン労働者」を生み出す。

というのが私の見解です。

これで「個人で」「在宅で」「稼ぎたい」という希望が叶いにくくなっている構造は少し理解していただけたでしょうか?家にいたまま仕事を受注する手段がありません。

 

ではどうすべきか?

仕事の受注の仕方

1 SNS

クラウドワークスを介さない仕事受注なら、知り合いを頼るとか、SNSでチャンスを掴むという可能性は残っていますね。クラウドワークスより険しい道になるのは確実ですが、「在宅で」「稼ぎたい」を叶えるためならそちらの方が確実です。

2 営業する

次に、自分で営業をかけて、仕事を獲得する方法です。企業やお店に行って、私のデザインどうですか?…という感じで売り込みですね。こうなると「在宅で」という希望は叶わない気がしますが仕事は軌道に乗りやすいです。

3 営業してもらう

営業ができない、苦手な場合、営業ができるビジネスパートナーを見つけて任せるしかありません。つまり「個人で」という希望は叶いません。

 

働き方

1 SNS

SNSで仕事を得られるほどカリスマ的な創作ができるなら、SNS経由で稼ぐのが全ての希望を叶えられる唯一の道です。(ただしデザインの分野によっては大変不利。日本ではオタク界隈に受ける創作が圧倒的に有利です)

2 個人事業主

そうでない場合は思い切って、会社を辞めて個人事業主になるか株式会社を立ち上げ、足で営業をかけながら仕事をするのが、結局一番安牌だというのが私の出した結論です。つまりほとんど会社を立ち上げるのと同じです。今いる会社をすっぱり辞めて、本格的に会社として屋号を得ます。今の会社に所属しながら、屋号を立てずやろうと思うとどうしても信用が得られず失敗します。思い切りが必要です。

3 新しいスキルを身につける

「稼ぎたい」という希望をとりあえず捨ててもいいのであれば、他のスキルを身につけて細々稼いでみる、というのもありです。この方法なら「在宅」と「個人」という希望が実現できます。私がそうです。

私はグラフィックデザイナーですが、webデザインの技術を身につけました。さらにXcordを勉強してiOSアプリ開発をしようと思っています。この方法は一人でできますし、とても楽しいですが、なかなか思うように稼げません。身につけている最中なのですから当たり前ですね。私は病気をしていることもあって、働き方を制限するしかなかったためこの方法を取りましたが、稼ぎが少ないというのはなかなか勇気がいる職業選択になります。

稼ぐには時間がかかりますし、もちろんwebコーダーやアプリ開発者には叶わないので、現職の知識を活かした路線で勝負する工夫も必要です。楽ではありません。

 

結論

よく皆さんが理想像として思い描く、在宅でクラウドワークスなどを利用しながら仕事を得るというのは、ほぼ不可能です。仕事は得られるかもしれませんが、これからもっと報酬の最低ラインが下がり、自転車操業になるでしょう。適当なデザインをしてお小遣い稼ぎレベルです。

SNSには希望が持てる気もしますが、どうしても分野の有利・不利が大きく、稼ぎも不安定でギャンブル状態です。

一番確実なのは、独立して会社を立ち上げることです。ありきたりな結論ですね。ですが会社員も独立もフリーランスも経験した私の結論はこれでした。一人で営業も制作もできるのであれば、自由で誰にも搾取されない、場所を選ばない働き方が実現できます。

 

というわけで、独立して、個人で、在宅で稼ぎたい人は、工夫の仕方を間違うと実現しません。「やってみたけどダメで結局元の会社で働くことにした」という人が今後増えそうなので警告記事を書いてみました。

誰かの役に立ったら幸いです。

 

在宅ワークする時、まず読んでおきたい本をおすすめしておきます。

まず困るのってお金のことです。

独立する前、検討する前に読んでおいてください。

この本で独立した時の収入の困りごとは想定しておける気がします。

 

どうしても在宅ワークを叶えたいなら、より在宅ワークが叶いやすいスキルを身につけるのも大事です。

こちらの記事が参考になるかもしれません。

プログラミングスクール【30代】で学ぶ私のおすすめ!

それでは

 

EL(エル)

日本でデザイナー7年→フランス住→帰国して1年のフリーランスデザイナーです。ブラック労働やうつ病も経験し、その頃はどん底でした。その後海外に行くことを決意。実行しました。特技はフランス語ですが、英語が全然できないポンコツです。こんど住むならロンドンがいいなと思っています。

通知設定
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
インラインフィードバック
全てのコメントを表示する
0
質問があればコメント欄へお願いします!x
()
x