これからデザイナーを目指す人へ最初のアドバイス5つ!

これからデザイナー・クリエイターを目指す人へ!

1.デザイナーがどんな仕事かは95%知っておくべき

デザイナーってそもそもどんな仕事をするの?

と思うなら気をつけて!

この道を目指すなら、どんな仕事で働き方なのか理解しておかないと後悔するかもしれません。

….業界の本当の話をすると

現状、他の仕事よりも残業がちで、会社によっては残業代が出ません。会社によりますが、テレビのADのような…徹夜してデスクで眠るみたいな業界だったりします。(知人のADに私の働き方を話したら、ADはそこまで酷くないと言われたことがあります。

デザイン会社ごとに働き方がどう違うのか説明しますね!

デザイン事務所のデザイナー

デザイン事務所だと、大きい仕事を一人で任されて、技術力はピカイチになれます。独立したり他のビジネスにも活かせる技術がつきます。やりがいも大きいですが、長時間労働が当たり前の会社が多いです。

大企業のデザイナー

大企業のインハウスデザイナーになれば、デザインのほんの一部にしか関われないですが給与が高く残業が少ないです。

好みですね。個人的には大企業のインハウスデザイナーをおすすめします。

考えていなかった人の末路

こういう違いを考えて、どんな学校を選んでどんなデザイナーになるのか決めないとダメですよ。

せっかくデザインを学んでも、デザインとは関係ない販売員などの仕事に就いて

「…あれ?何がしたかったんだろう?」

という状態になってしまいます。

あなたはどんなデザインがしたいのか決まっていますか?

自分の目指す道はしっかり知っておくようにしましょう!

誇りある仕事ではあります。

「それでもやりたい!」という情熱と誇りがあるといいですね!

分野によっては世界でも活躍できる仕事です。

 

2.どのジャンルのデザイナーになるのか決める

何を作りたいのか、どんな社会貢献がしたいのか、進路は最初にしっかり決めましょう。

デザイン関係の仕事に就くには学校の学部選びが重要です。あとで他のジャンルに進もうと思っても難しいです!

 

  • グラフィックデザイナー
  • webデザイナー
  • プロダクト(工業)デザイナー
  • ファッションデザイナー
  • ゲームクリエイター
  • イラストレーター…..など

クリエイターにも色々ありますね。

もうすでにやりたいことが決まっている人も、もちろんいると思いますが、

正直「どのデザイナーなら稼げるの?」

….みたいな疑問を持っている人もいるのではないでしょうか?

「どのデザインの道を歩くのか決まっていない!」という場合はこちらの記事を参考にしてみてください。それぞれの分野を比較して選びやすいよう記事にしました。

 

 

3.学校を決める

進みたい方向が決まったら、学校を決めましょう。

これもかなり大切です。

学校選びについて質問が多いのでまとめました。

よくある質問

Q 独学で勉強して将来デザイナーになれますか?

A 無理です。非常に競争が激しい業界で、しかも学校の勉強だけでは実践には足りません。就職先で専門的な作業を先輩たちに教えてもらわなければフリーランスにもなれません。

 

Q 一度会社員として就職しました。これからデザイナーやクリエイターになれますか?

A デザイナーはほぼ無理です….ごめんなさい。クリエイターなら十分可能です。競争率が激しいデザイナーは、新卒か第二新卒でないと未経験者を採用する企業がありません。(ただし、Webデザイナーは募集が多いので、社会人→学校に行く→Webデザイナーとして就職 という道も十分あります)クリエイターというのはイラストや漫画やその他芸術作品で仕事をする人のことです。クリエイターなら最終学歴に関係なく実力次第でお金を稼げます。

 

Q 美大卒でないとダメですか?

A そうとは限らないですよ!国立大学(工学部など)・2〜4年制の専門学校でも就職可能です。短大の美術学科はデザイナーとして就職するのが難しいです。企業の募集要項は4年制大学卒または専門学校卒ですので短大が含まれません。私の周りでも短大卒のデザイナーはいません。4年制美大と国立大卒が、どの企業の募集要項でもクリアできる最強の道です。

 

学校選びについて、まずこちらを参考にしてください。先生や親戚が言うことを鵜呑みにすると一般大学を勧められるかもしれませんが、それではデザイナーになるのは難しいです。思い切りって大事です。

 

4.就職はどうやってするの?

デザイナーって、どんな会社にどうやって就職するのでしょう?

デザイナーの就職先は大手メーカー企業、中小規模のデザイン事務所などになります。

グラフィックデザイナーとWebデザイナーは募集企業数が格段に多く、就職はし易いでしょう。チャンスが多いですが仕事は長時間になりがちです。

プロダクトデザイナーは募集枠がとても狭く、デザイナーとして就職できない人も多いです。チャンスは少ないけど給与が高い!

就職が難しいと言いましたが、無職になってしまうわけではなく、企業の広報や企画部などに転向する人が多いだけです。その点はご心配なく。

就職試験は

  • ポートフォリオ
  • 面接
  • 個別のデザイン課題

3つの段階を踏むところが多いです。

結構めんどくさいですよね。

何社も受けるというのは難しいです。

とりあえず有名なデザイン会社くらいは知っておきましょう。

 

まさに就職活動中!という人はこちらに大手企業の採用ページリンク集を作ってあるので有効活用してください。

 

5.習得したい資格や技能

デザイン業界では、意外にも資格は必要ありません。

学校で、色彩検定などを勧められることもあるでしょうが、就職の際に求められることはありません。

私は色彩検定2級を持っていますが、資格そのものは役に立ったことはありません。

資格は、知識としては役に立つこともあります。

Illistrator、Photoshopは多少できるようになっておきましょう。新卒採用では基礎ができれば十分です。

Webデザイナーの場合は、上記に加えてHTMLとCSSでホームページ制作ができるくらいの技術がないと就職できません。

ファッションデザイナーの場合はパソコンよりもデザイン画とパターンの技術習得が必須です。

 

Illistrator、Photoshopがどれくらい必要か知りたい場合はこちらを参考にしてください。

 

Webデザインの知識が足りないと思える人はこちらの学校を参考にしてください。

関連記事

EL

「デザイン業界の歩き方」運営の一人。フランス住→帰国して1年 フリーランスデザイナー。特技はフランス語だけど、英語が全然できないポンコツ。でもこんど住むならロンドンがいいなと思ってる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。