【工業デザインとは?】仕事内容とデザイナーに向いている人の特徴

デザイナーにも色々な業種があります。

その中で工業デザイン・インダストリアルデザインという分野ではどんな仕事をしているのでしょうか?

今日は仕事の簡単な説明と、工業デザイナーに向いている人の特徴についてまとめようと思います。

現在、進路で迷っている方の参考になれば嬉しいです。

 

工業デザインの仕事内容

主な仕事は工業製品のカタチを創る事です。

具体的なデザイン対象は

  • 文房具
  • スマートフォン
  • カメラ
  • 時計
  • 家電
  • バイク
  • 飛行機
  • 医療機器

など色々な製品を手掛けます。

 

仕事の流れは二段階

工業デザイナーの仕事は、大きく分けて

  • コンセプト立案
  • 製品化のフェーズ

の2つに分けられます。

それぞれ異なる能力が求められるので、デザイナー毎に得意不得意もあります。

最終的にはどちらも高次元でこなせる様になると良いですね。

 

1.コンセプト立案とは

まず、話し合ってアイデアを出し合い、製品のコンセプトを決めます。

この作業は、デザイナーではなく社内の企画部で行われる場合もあります。

その場合は提示されたコンセプトに基づいてデザイン案を作成することになります。

コンセプトが決まったら、

いよいよ具体的なデザイン作業が開始します。

ペンやphotoshopなどで理想像をスケッチして視覚化します。

例↓

「想像・創造力」がデザイナーに求められる段階です。

スケッチスキルが求められるのはもちろんですが、チームでのコミュニケーション能力も大切になります。

初期の段階ではあくまで「理想像」を考えます。

コストや設計条件など、工業デザインには様々な守るべき点がありますが、このフェーズではカスタマーが「純粋に欲しい」と感じてくれるものを想像する事が重要です。

デザイナーとしてはこのフェーズが一番夢があって楽しいかもしれませんね!

こういったアイデアスケッチを一人何案かづつ出し合って、社内コンペ形式でいくつかの案が選ばれます。

選ばれたデザイナーは次の段階に進むことができます。

 

2.製品化のフェーズ

この段階では「問題解決力」が求められます。

先ほどのアイデアスケッチを元に、

エンジニアや工場の方々と、実際に製品として販売できるカタチに落とし込んで行きます。

コストや設計条件など、工業デザインには本当に様々な守るべきハードポイントがあります。

「自分の出したスケッチを、なるべく崩さず製品化する」が命題です。

時にはエンジニアと図面上で様々なディスカッションや交渉をする必要があるので、エンジニアリングの知識も求められる事があります。

様々な条件を満たしつつ、その中で一番美しいカタチを実現させます。

地道で泥臭い仕事となりますが、モノづくりでとても重要なフェーズですね。

ここがしっかりとできる人はとても重宝されます。

ぜひアイデアスケッチだけでなくこういった技術も磨いてください。

 

工業デザイナーに向いている人は?

さて、工業デザイナーに向いている人ってどんな人でしょうか?

この質問に一言で答えるなら「美術と数学」が得意だった人でしょう。

かなりシンプルな答えですが、的は得ていると思います。

画を描くことが好きだったり、パズルや図形問題が好きだった人は向いている職業です。

きっと楽しく働けて、活躍もできるでしょう。

魅力的な製品をビジュアライズできる美的感覚やスキル。

細かい部分までエンジニアと製品を作り込んでいく際の問題解決力。

工業デザイナーに求められている事は広範囲に及ぶのです。大変ですがやりがいのある仕事です。

carbon

フランス企業のインハウスデザイナー。フランス語がまだ話せないので英語でごまかしている。日本食が好き。パリにラーメン屋があってよかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。