【和風の色の組み合わせ一覧表】誰でも絶対おしゃれ!日本の伝統的な配色ができる!

Thumbnail富士山image

イラスト、服、グッズ作成、書類、Webデザインなど。色の組み合わせって迷いますよね?

簡単にオシャレな和風カラーの組み合わせが選べる一覧表を作成しました。

春、夏、秋、冬、江戸、平安など。テーマに合わせた伝統的な和風の色の組み合わせがすぐわかります。

仕事や趣味やおしゃれに生かしてくださいね!

1 和風の色 春

和風な色配色見本_春

淡いピンク、うぐいす色、爽やかな青を組み合わせるのがコツです。金を差し色にすると華やかな春のイメージになります。

赤と緑は補色(反対の色)なので普通は避けますが、日本の伝統的な組み合わせではよく使用されます。

 

2 和風の色 夏

和風な色配色見本_夏

黄色、緑、青を使うと、日本の夏のイメージカラーに近づきます。ビビットカラーはあまり使いません。

涼しさを演出するのがコツです。グレーも合わせやすい色です。

 

3 和風の色 秋

和風な色配色見本_秋

暖色を基本に、グレーが混じった緑や紫を合わせます。

彩度を落として派手になりすぎないようにすると和風の雰囲気が出しやすいです。

 

4 和風の色 冬

和風な色配色見本_冬

落ち着いた茶色やグレーを使うと、日本の冬の色が出せます。

日本では次の季節をイメージさせる色を使う文化があるので(夏に秋らしい柄の着物を着るなど)淡いピンクや黄色を使うのもおしゃれな冬カラーを演出できますよ。

 

5 和風の色 江戸

和風な色配色見本_江戸

市民に鮮やかなオレンジが禁止されていた時期もあります。そのため色は全体的に彩度の低いくすんだものにすると、江戸らしさが出ます。

 

6 和風の色 平安

和風な色配色見本_平安

平安貴族は着物を重ね着する文化を持っていたので、重なり合った色が鮮やかで派手です。

特に赤、ピンク、緑の組み合わせは華やかな雰囲気が出やすいです。

 

7 和風の色 明治

和風な色配色見本_明治

外国文化が取り入れられ、洋装と和装が着られていた華やかな時代です。

残っている浮世絵から想像すると、かなり鮮やかな色の組み合わせが好まれたようです。派手になりすぎないように間に白を入れましょう。

 

8 和風の色 渋い

和風な色配色見本_渋い

落ち着きのある和のイメージに合う組み合わせです。茶色だけでなく緑を使うとかなり日本的な雰囲気が出ます。

雅やかな雰囲気にしたいなら、淡い紫を使うのがコツです。

 

9 和風の色 高貴

和風な色配色見本_高貴

伝統的な貴族や天皇の衣装に使われる色です。

特にオレンジ、黒、白、赤、紫はよく使われます。女性的な色なら紫と渋めの緑が華やかさを演出できます。

 

色選びのコツ

日本の色は季節に合わせ、赤と緑を効果的に使うのがコツです。

モダンな日本のイメージならビビットカラーがよく合いますが、伝統的な和風のイメージを出したいなら彩度は落としましょう。

江戸時代に築かれた茶色と紺色を使う文化(染め物用の植物が市民でも入手しやすかった)を活かすと簡単に「おしゃれな和風」の色が出せますよ。

 

関連記事

EL(エル)

日本でデザイナー7年→フランス住→帰国して1年のフリーランスデザイナーです。ブラック労働やうつ病も経験し、その頃はどん底でした。その後海外に行くことを決意。実行しました。特技はフランス語ですが、英語が全然できないポンコツです。こんど住むならロンドンがいいなと思っています。

通知設定
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
インラインフィードバック
全てのコメントを表示する
0
質問があればコメント欄へお願いします!x
()
x