美術館のアルバイトは最高!?【体験談&求人情報】

f:id:CARBON-design:20181206003512j:plain
パリ:ルーブル美術館の前にて

美術館で働きたい。実際どうなの? 

デザイナーやクリエイターを目指す学生さんにとって、美術館でのアルバイトは一石二鳥!

生活費を稼ぎつつ、センスも磨けるなんて最高ですよね。

多くの方が「美術館で働いてみたい!」と思っているでしょう。

もちろん美大生やクリエイター志望でなくても、芸術やアートが好きな人にとって美術館は素晴らしい職場です。

デザイナーになった今現在は旅行をしながら世界中の美術館を巡っています。

仕事の関係でパリに2年間住んでいたので、その間ヨーロッパの有名な美術館を訪問しました。

デッサンでモチーフにしていた彫刻や教科書で見ていた絵画。

日本の美術館でもたまに有名な絵画の回顧展が開かれて、たくさんの人が訪問します。

美術館でアルバイトをすると、こういった絵画や美術品も落ち着いて観ることができますね。

デザイン事務所やインターンももちろん勉強になるし自分のキャリアにとって大事なのですが、体力とストレスがかかって学業に悪影響が出ることもあります(私の経験です)

友人に美術館アルバイトをしている人もいたのですが、今思うと美術館アルバイトは効率が良く思えますね。

もちろん、自分がデザイン事務所でアルバイトしていたことに誇りを持っていたので、当時はそちらが優れていると確信していましたが。

美術関係のアルバイトは、キャリアにも学業にもプラスになるので、チャンスがあれば飛び込みたいですね。

今日は私が撮影したフランスの美術館の写真と共に、美術館のアルバイトについて説明していきます。

f:id:CARBON-design:20181206004145j:plain
絶景ポイント:ル カフェ マルリー

ルーブル美術館にいったら是非こちらのカフェへ。

値段はちょっとお高いですが、料理の味も雰囲気も完璧です。

ロマンチックですね

 

美術館バイトでの仕事内容

アルバイトは学芸員などの資格がいらないので、仕事内容は難しくありません。

◾︎受付対応・チケットのもぎり
◾︎展示スペースの監視・案内
◾︎展覧会グッズの物販
◾︎音声ガイドの貸出し

などなど。

初心者でも安心の仕事内容ですね。

個人的な感想では、コンビニや居酒屋などのアルバイトよりも忙しくありません。

むしろ美術や芸術が好きでないと「暇で辛い…」と感じてしまうかもしれません。展示スペースの監視など、静かな空間で数時間働く仕事なので、各自時間を弄ばないような工夫が必要ですね。

デザイナーやクリエイターを目指している人にとっては、じっくり作品と向き合える時間は貴重です。

 

美術館アルバイトの平均時給や月収は?

働く地域や美術館の閉館時間によって左右されますが、

大体時給は900〜1100円くらいの相場感です。

1日働くと7000〜9000円くらいだと思ってください。

週3で一ヶ月働くと8万円〜12万円程となります。

f:id:CARBON-design:20181206005552j:plain
ルーブル:どこも素晴らしい空間

 

クリエイターを目指しているなら美術館のアルバイトは必須?

美術館のアルバイトをする人達はやっぱり、美大生や専門学校生が多いです。

学芸員を目指している人はもちろん、なんらかのジャンルでクリエイターを目指している人も少なくありません。

クリエイターとして良いアウトプットをする為には、良いインプットが必要です。

美術館のアルバイトをすれば、沢山の作品と向き合ったり、自分と同じように芸術やアートに関心のある人達と出会えたりもできます。

また、クリエイターを目指して作品を作るのには何かとお金が必要ですよね?

作品制作費を稼ぎつつ、作品の見せ方やインスピレーションを得られるので、美術館のアルバイトはクリエイターの卵にとって有難いお仕事です。

コンビニや居酒屋のアルバイトをするくらいなら美術館のアルバイトの方が良いと、個人的には思います。

f:id:CARBON-design:20181206011219j:plain
ジヴェルニー:モネ美術館
f:id:CARBON-design:20181206011318j:plain
モネの家:沢山の日本画コレクション

パリから約1時間の田舎町ジヴェルニー。

モネ美術館はいつも大人気。

早朝に行かないと入場まで1時間以上並ばなければいけないので要注意です。

 

英語や中国語が話せると重宝される

最近は海外からの旅行客も多いので、多少語学ができると美術館のアルバイトとして重宝されます。人気の美術館でも、英語や中国語が喋れると優先して採用されることも少なくないそうです。

(もちろん英語や中国語が喋れなくてもOKです。そちらの方が多いです)

f:id:CARBON-design:20181206012906j:plain
オルセー美術館:元は駅舎&ホテルでした
f:id:CARBON-design:20181206013140j:plain
オルセー内のカフェは超ステキスポット

 

美術館のアルバイト募集はどうやって探す?

最後に美術館アルバイトの探し方をご紹介。

自分が興味ある美術館が決まっているなら、その美術館のホームページから直接コンタクトをとったり、アルバイトを募集していないかチェックしましょう。

「美術館で働きたいけど、どうやって募集を探せばいいの?」と思っている方は下記のサイトを利用することをお勧めします。

『インターネットミュージアム』

日本全国7800ほどある美術館・博物館のポータルサイトです。

『学芸員募集』の掲示板があり、そこにアルバイトの募集情報も載っています。

公式サイトリンク↓

博物館・美術館・ミュージアムなら、インターネットミュージアム

 『バイトル』

大手アルバイト求人サイトの『バイトル』

こちらでもたまに美術館のアルバイトを急募しています。

carbon

フランス企業のインハウスデザイナー。フランス語がまだ話せないので英語でごまかしている。日本食が好き。パリにラーメン屋があってよかった。